サイトメニュー

綺麗になろう

医者と看護師

方法やサービスなど

クリニックなどで実施している小顔になる方法はいくつかありますが、そのうちの1つはボトックスを注入する方法になります。ボトックスは、ボツリヌス菌と言われる菌を使って筋肉を縮小させる働きがあります。基本的に、顔が大きく見えるのは多くの場合筋肉が発達してしまった場合です。つまり、顎の筋肉が横に広がっており、それが大きな顔に見えてしまう理由です。そうだとすれば、ボトックス注射を打つことにより筋肉を縮小させ結果的に顔を小さくすることが可能になります。このやり方は、比較的費用が安いため人気があるのが特徴になるでしょう。これに対して、もう一つの小顔になる方法としてはエラ削りをすることです。この方法は、ボトックス注射の場合と異なり骨を削るのが特徴になります。つまり、骨が出ていることにより顔が大きく見える場合には非常に有効な方法の1つでしょう。注射の場合と異なるのは、メスを使って手術をすることです。エラ削りをする場合には、一度行えばずっと顔が小さい状態を維持することができるのがポイントです。ボトックスの場合のように半年に1度ほど注射をしなければならないといった手間がなくなる点が魅力的な理由の1つです。小顔になる方法として、ボトックス注射を選ぶ場合にもあるいはエラ削りをする場合もそれなりのしっかりとしたサービスが提供されます。施術をすること自体は当たり前だとしても、まず施術をする前の段階でカウンセリングを行うのがポイントになります。カウンセリングの内容としては、いろいろなお客さんの要望を聞くことが理由の1つになります。いくら、小顔になる方法といえども人によって若干要望が異なります。例えば、あまり時間をかけないでほしいといったものやメスは入れないでほしいという要望もあるでしょう。もう一つのカウンセリングをする重要な理由は、患者さんの不安をなくすことです。患者さんは、何度も通院していればそうでもありませんが、初めて通院する場合には注射をして本当に大丈夫なのか、あるいはメスを入れて傷口が目立たないかといったことを考えてしまうものです。そこで、カウンセリングの段階で不安を解消し安心して施術を行うような流れになります。もう一つのサービスは、アフターケアです。場合によって、腫れ等が残ってしまう場合もありますので、この点を考慮しつつケアを行います。

Copyright© 2019 美容クリニックの治療法【いくつかの小顔になる方法がある】 All Rights Reserved.